aga治療の経過を観察する意味とヘアケアの方法について

aga治療は効果が出るまで時間がかかることが多く、個人差もあることから正しい治療を続けるには経過の観察が不可欠です。

また、効果がなかなか出ないことに焦りを感じて勝手に素人治療を行うケースもあり、そのようなトラブルを未然に防ぐのも経過観察の必要性に繋がっています。aga治療で良い結果を得るためにも治療の詳細や経過観察の必要性を学びましょう。


agaの原因と治療を受ける際の注意点について

agaは男性型脱毛症とも呼ばれる薄毛の一種です。名前のとおり男性に多く見られますが、女性でもagaの状態になることがあります。これはagaが性ホルモンのバランスの変化で生じるのが原因です。髪の毛は女性ホルモンの分泌量に影響される性質があります。

通常であれば男女関係無く、髪の毛はボリュームが保たれている状態です。しかし、何らかの理由で女性ホルモンの分泌量が減少すると髪の毛が抜け落ちてしまい、薄毛の状態になります。女性ホルモンの減少から起こる薄毛がagaなので、条件に当てはまれば女性の薄毛もagaとして扱われます。

agaは頭頂部や額の生え際にある髪の毛から抜け落ちるのも特徴の一つです。また、まれに遺伝が原因のagaも存在します。agaは女性ホルモンの減少で起こる薄毛なので、aga治療はホルモンバランスの改善、あるいは女性ホルモンの投与が一般的です。

患者の髪の毛の状態で最適な治療方法が異なりますが、いずれの場合も患者の体に合わせて薬剤を処方することから、市販の育毛剤よりは高い効果が期待できます。その一方で処方された薬剤はあくまで患者本人の体に合わせた物なので、本人以外の人は使用できません。

薬剤によっては女性ホルモンの分泌量に影響する成分を含んでいる物もあるので、男性に処方された薬剤を女性が使うと重大な健康被害に見舞われるおそれがあります。性別が逆の場合も同様なので、似たような薄毛であっても決して他人に処方された薬剤は使わないように注意する必要があります。

aga治療の経過観察を行う意味

病院でのaga治療は投薬の他に経過観察も併せて行うのが普通です。これは髪の毛のボリュームを調べることで治療方法が適切であるかを確認する意味があります。aga治療用の薬剤は刺激の強い成分が含まれているので、万が一患者の体質に適していなければ髪の毛のボリュームを増やす効果が得られないばかりか、逆に頭皮の炎症や抜け毛などの不具合が生じる可能性があります。

そのような状態で治療を続けると髪の毛のボリュームを損なうおそれがあるので、不具合を避ける意味で経過観察が行われます。また、aga治療は効果が出るまで時間がかかることから、患者が焦りを感じてしまい、素人治療を勝手に始めてしまうケースもあります。

そのような行為を未然に防ぐのも経過観察の目的に含まれています。

専門病院で行うaga治療の経過観察の詳細

病院で行うaga治療の経過観察は頭皮部分の目視による確認が普通ですが、状態によっては医療機器を使った検査を行うこともあります。aga治療の薬剤に含まれる成分の影響で、人によっては頭皮に炎症や吹き出物などの不具合が生じるためです。

不具合によっては痛みや発熱などの自覚症状が無いものもあるため、治療を受けている患者が気づかずに状態の悪化が進んでしまうことがあります。髪の毛のボリュームを増やす目的で行うaga治療で逆に髪の毛が減少しては意味が無いため、不具合は早期のうちに発見して対処することが大切です。

経過観察は患者が自覚していないわずかな不具合を見つけて対処し、治療の方向性を修正する意味も含まれています。aga治療の経過観察は状態の変化を視覚化するため、短期間で複数回に分けて行うのが一般的です。薄毛の状態によっては類似した症例と比較することもあります。

また、女性のaga治療は男性以上に慎重な経過観察が求められますが、これは女性の髪の毛は男性よりも細く、少しの薄毛でも頭皮が目立ってしまうためです。

炎症などの不具合も目立つので見栄えが悪くなってしまうおそれがあります。女性のおしゃれは髪の毛の状態に影響されるものが多いことから、ボリュームが多い健やかな状態の維持が求められます。aga治療は髪の毛のボリュームを保つ目的があるので、順調に良い方向へ進ませるための経過観察は不可欠な事柄です。

aga治療中に患者が注意する事柄

aga治療は髪の毛のボリュームを回復させるのに効果的な方法ですが、医者任せにしているだけでは良い結果には繋がりません。病院での治療だけではなく、患者自身がヘアケアの重要性を理解する必要があります。agaは女性ホルモンの分泌量が減少することで起こる薄毛ですが、同じ年齢でも髪の毛が薄い人とそうでない人に分かれているのも事実です。

髪の毛のボリュームが損なわれていない人は女性ホルモンの分泌量が減少していないとも言えます。なぜ自分は女性ホルモンの分泌量が減少したのかを踏まえ、適切な方法でヘアケアを行うのがaga治療の効果を向上させるための工夫です。

ホルモンバランスの変化は不規則な生活や病気などによって体の具合が悪くなると起きやすくなります。そのため、生活習慣を見直すのが状態の改善に繋がります。また、薄毛は女性ホルモンの現象だけではなく、頭皮が不潔な状態になって毛穴が詰まることでも起こります。

丁寧な洗髪をこまめに行い、頭皮に汚れを残さないように気を配るのが髪の毛のボリュームを保つ工夫です。洗髪の際はaga治療に使っている薬剤に影響しない、汚れの除去に特化したシャンプーを使うのが賢明な方法です。

市販の育毛剤は含有成分がaga治療の薬剤の効果を損ねる可能性があるので決して使ってはいけません。

合わせて読む:aga治療は継続することが実感するコツ

髪の毛を傷つけないことも薄毛予防の秘訣

ホルモンバランスの変化で起こるagaに対する治療はホルモンバランスの改善など体質に関わる事柄が主ですが、だからと言って髪の毛そのもののケアを怠ってはいけません。女性ホルモンの減少以外にパーマネントや髪染めなど、過度な刺激を与えることも薄毛を引き起こすきっかけになります。

特に女性は髪の毛のおしゃれを楽しむ人が多いのでパーマや髪染めによる刺激を受けやすく、その分だけ薄毛のリスクが高くなっています。薄毛を防ぐには髪の毛に強い刺激を与えないことが重要なので、ヘアスタイルを決める際は刺激が少ない製品を使うなどの工夫を心がけます。

また、洗髪の際もブラシで強く擦るなどの行為は避け、手の平で撫でるように汚れを落とすのが髪の毛を傷つけない方法の一つです。